スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛知においで!『飲食編2』
味噌カツの続きw

↓これが「鉄板とんかつ定食」です。



名古屋でもっとも有名な「味噌カツ専門店」の

「矢場とん」さんは昭和22年創業と、歴史がありますねw

屋台で飲んでいた、 とある客が、串かつをもつ鍋に付けて食べたのが、

きっかけだと言われています。

その客が、矢場とんさんの創業者なのです。

そこから、研究に研究を重ねお店を誕生させたみたいです。



やはり、「1%のひらめきと99%努力」ですね!! byエジソン だっけ!?www

ちなみに、他には、

  【わらじとんかつ】

なんとカツが2枚分ww 

ほとんどの人は、味噌とソースを片方ずつかけて食べます

でも味噌は、好き嫌いが多いようですw 

まあこってりしてますからね^^


次回は、味噌つながりで「味噌煮込みうどん」でいきますww

ではでは・・・



コメント

キャベツもご飯も多いなぁ・・・食べきれない感じです。名古屋人は大食漢なのかな?まぁ大阪も、うどん定食というものがNO.1人気定食ですが・・・
昭和22年と言えば、第二次世界大戦敗戦から、2年たって、食べ物のない時代から、そろそろ落ち着いてきたころですね。そのころのトンカツは贅沢な食べ物ではなかったでしょうか?そこに、この味噌カツ屋さんができたのは、名古屋人にとって、生きていく活力と美味しい食べ物屋の筆頭だったのでは?年月と共に、味も改良され、今の日本でも有名な食べ物となったのでしょうね。勝手な想像ですが・・o(*^▽^*)oあはっ♪

 ではでは・・
[2009/07/02 19:32] URL | ✿人魚姫✿ #- [ 編集 ]


戦後はとんかつは、贅沢だったと思う、

この「矢場とん」さんの店主は、苦労が多かったようだよ
その苦労がここまでのお店にしたのだと思う!

ではでは・・・
[2009/07/06 20:34] URL | 雷_神 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。